森の灯り株式会社の事業紹介

SERVICE

当社は地方自治体に対し省エネ・省CO2の提案、サービスを行い、公共施設等へバイオマス発電の電力供給を通じて、地球温暖化対策に貢献することを目的として、平成30年5月に設立いたしました。

省エネ・省CO2事業

ENERGY SAVING + CO2 SAVING

  • 防犯灯/道路灯/街路灯のLED化
  • 屋内施設の照明/空調/ボイラー等の省エネ化
  • 地方公共団体カーボン・マネジメント強化事業(LED照明/木質バイオマスボイラー)

環境省所管の補助金事業に注力しております。
当社は自治体公共施設のエネルギー使用の現状把握、コスト削減等のご支援をさせて頂きます。

バイオマス電力供給事業

BIOMASS POWER SUPPLY

当社は、親会社である森の電力株式会社が需給管理を行っている森林未利用材のバイオマス発電の電気を自治体の公共施設等に供給する事業も行ってまいります。

北海道内では、白糠町にある㈱神戸物産白糠バイオマス発電所の電気を使用します。当発電所がメンテナンス等で停止している時は、東北にある4か所のバイオマス発電所の電気を使用します。

電力会社の系統ネットワークを通じて電気を供給いたしますので、北海道電力から当社に契約が変わった後でも、電気の質や安定性は一切変わりはございません。当社理由での停電、供給事故等は一切ありません(電線切断や変電所の停止等による停電の可能性はございますが、それは北海道電力でも同様です)。